家づくりのこだわり

insistence

家の構造

Structure

清見建設がお客さまから選ばれるのには理由があります

清見建設の注文住宅は人に優しい家

地震に強く長く住み継げる家

大きな地震・台風などの自然災害に強い

家づくりを考える時にはデザインや間取りが一番と思われますが、実は耐震性を考える方が一番多いのです。

ここでは家を建ててからでは見えない部分、家の構造についてお話します。永く住み継ぐために、耐震性、耐久性はとても重要です。ぜひ、耐震性、耐久性を考えている方はぜひご覧ください。

清見建設では建ててからでは見ることのできない家の構造を見ることができ構造見学会も開催しております。家の耐震性能や耐久性能、断熱性能のことなど清見が詳しくご説明させていただいております。奈良で家づくりを考えてる方はぜひ参加してくださいね。

耐震性能

Seismic performance

大きな地震から家族を守る

注文住宅 耐震等級
大きな地震から家族を守る

日本は地震大国です。近年の地震でも家が凶器と変わり家族の笑顔を奪っていきました。清見建設では地震や台風などの自然災害から大切な家族を守るために家の耐震性能を高めた安心・安全構造。

地震や台風などの災害時には災害時の拠点となる消防署や警察署と同等の耐震等級3。プラス、清見建設ではビル用制震装置で使用されている制震テープで制震ダンパー機能を持たせ、繰り返しの地震対策にも対応した地震に強い構造の家づくりをしております。

地震に強い構造

Basic structure

スーパーウォール工法 モノコック構造×5倍パネルの高耐震構造

モノコック構造×5倍パネルの高耐震構造

スーパーウォール工法

清見建設が採用しているスーパーウォール工法は、壁・床・天井が一体化した箱形を構成するモノコック構造。航空機や自動車ボディの技術から発達した構造で、大きな外力にも変形しにくい特徴を持ちます。住宅においては、地震や台風などの外力が接合部などに集中しにくく、建物全体に分散するため、ひずみやくるいに強さを発揮します。

壁・床・天井が一体化した、強固な箱型の「モノコック構造」と建築基準法の木造最高となる「壁倍率5倍」(国土交通大臣認定取得)のSWパネルなどによる高耐震構造。台風や地震などの大きな外力にもしっかり耐える住まいを実現します。

繰り返しの地震対策

counterplan

制震ダンパー機能 繰り返しの地震対策

耐震等級3×制震ダンパー機能

家がまるごと制震装置

制震ゴムは部分的に配置する制震装置と違い、構造パネル自体に制震機能が加わるので、建物の一部に負荷がかかることなく、家全体で揺れを抑え、本震だけでなく、くり返しの地震、余震にも強いお家を実現できます。

制震テープは、高層ビルの制振装置に用いられる粘弾性体を、木造住宅用として両面テープ状に加工したものです。110年間以上の高い耐久性を有し、何度同じ地震が来ても、ほぼ同じ変位を保ちます。

ビル用制震装置で使用されている粘弾性体を木造住宅で使えるようにテープ状に加工。従来のダンパー式や、大掛りなフレームを使った住宅用制震装置が不要になるため、非常にコストパフォーマンスの高い工法です。

※:「制震テープ」は、防災科学技術研究所、東京大学、清水建設の共同研究により開発された、アイディールブレーン株式会社の製品です。

清見建設の注文住宅は人に優しい家

地震や台風などの自然災害から家族の命を守ることは何をおいても一番大切なことです。地震が起こっても家が倒壊しない、安心して暮らしていける家づくりをご提案しております。そして長く住み継げる家にするためには、家の耐久性が重要です。特に壁内結露は家にとっては大敵。そんな壁内結露対策をご紹介します。

家の耐久性

Durability

見えない部分にこそ、こだわる

耐久性を損なう原因の多くは壁の中に発生する結露

いつまでも快適にくらすため、また、資産価値を維持し続けるために住まいの耐久性はとても大切な性能です。

住宅の寿命を縮める、耐久性を損なう原因の多くは壁の中に発生する結露(壁内結露)によるものです。壁内結露は壁の外と中の温度差によって窓やコップにつく結露と同じように壁の中に結露が発生し、その湿気や水分が壁の中の断熱材や木材を劣化させてしまい建物の寿命を縮めます。

断熱材が水分を含み、その重みで垂れ下がることで性能を低下させるだけではなく、周囲の木材を腐らせる原因となり、カビ発生にもつながります。

湿気を通しにくい硬質ウレタンフォーム

そこで一般的には壁内結露を発生しにくくするために湿気を逃がす通気層をもうけるとともに防湿防水シートを使用するなどの対策がとられます。清見建設では通気層にくわえて万が一湿気が壁内に侵入した場合でも建物の劣化につながらないよう断熱材そのものの耐久性も追及。湿気を吸収してしまうグラスウールではなく湿気を通しにくい硬質ウレタンフォームを使用しています。

このような高性能断熱材の採用によって瑕疵保証では保証されない断熱材内部での劣化を35年間保証しています。

ベタ基礎

Structure

手金コンクリート ベタ基礎

鉄筋コンクリート造によるベタ基礎

大きな地震・台風などの自然災害に強い

清見建設では鉄筋コンクリートのベタ基礎を採用しています。ベタ基礎は建物全体の荷重を一点に集中させず、均等に地盤に伝えるため安定した構造をもたらします。鉄筋コンクリートベタ基礎に、構造用金物を取付け高い耐震性を実現。

耐久性では基礎の強度も重要になりますが、床下の湿気対策も大事なので コンクリートの下には、防湿シートを敷き、土台を腐らせる原因となる地面からの湿気を防ぎ、防湿効果をさらに高めています。

※ 基礎は1棟ごとに構造計算を行っているため地盤状況、建物等により形状が異なります。